【成婚インタビュー】全文公開119組目のカップルの奇跡です。


本日ご紹介する女性30代女性Mさんの初対面の印象は「モデルさんよね?」
177cmの身長と美貌、有名国立大学卒、外資系企業勤務、エレガントでご性格の良さはお話をしていたすぐに理解できました。
出会いもたくさんあるはずですし、もしかしたら彼女のお相手に求める条件が厳しいのでは?
それだったらマリッジテラスは向かないなぁ・・・なんて思いながらお話をお伺いする中で、
彼女だからこその「婚活しくじり先生」が目の前にいました。

・彼女の容姿に惹かれてお申し込みが多い分警戒心が強い
・真面目で慎重な性格なゆえに信頼するのに時間がかかる
・お互いに真面目で慎重だと交際が続かず
・遊び人風の空気を読まない男性の押しに負けてしまう
・根が真面目な彼女はだんだん違和感を感じる
・遠慮して自分の気持ちを伝えられないのでだんだん不機嫌になったりまとめて伝えて爆発する
・だんだんギクシャクしてくると急に寂しくなり情緒不安定になる
・交際終了し自己嫌悪を繰り返す

実はこんな女性多いんですよ。
特にアプリでは彼女のような女性がかなり惑わされるケースをたくさん見てきました。
そんな婚活しくじり先生Mさんががついに入籍です。

私みたいにしくじってきた女性の励みになればと、全公開の許可をいただきましたのでそのままお伝えします。

1. 入会したきっかけ、理由は? 

以前に別の相談所で活動しましたが上手くいかず、アプリで婚活をしておりました。その中でハプニングが多々あり、アプリ恐怖症になりました。その時にkanaさんの記事でマリッジテラスが紹介されていて、洋子さんのブログをたくさん読んで、優しいお人柄を感じました。この方なら信頼して活動することができるかも…!と思い切ってカウンセリングをお願いしたのがきっかけです。

→20代で結婚相談所を経験。素敵な方とも出会えたそうですが、なんだかうまくいかず・・・。次はアプリを色々と経験。本当に色々な男性と出会ったそうです。そこで感じたのは素敵な男性ほど「リアルではない」こと。リアルではないというのは・・・・つまり既婚者であるということです。彼女には「結婚したい」というのに既婚ってどういうこと?「別居中」だったり、「いつか離婚するから待って」と言われて待てるわけないですよね。なぜなら出会った時は独身と言っているわけですから。そんなことが続けば人間不信にもなりますし、私が人を見る目がないのでは?と自己嫌悪にもなります。目の前の美しい女性が最高に自己肯定感の低い女性だなんて誰が想像したでしょう?
お話をお伺いする中で、私の「正義感」と「お母さん」が大きくなり、「大丈夫!あなたにぴったりのご縁の方を探してあげるから!」と熱弁を振るったことを思い出しました。

2. お相手のどこに惹かれましたか?

自分が自然体でいられることです。私が仕事で忙しい時に心配をしてくれたり、進んでご飯を作ってくれる優しさに惹かれました。

→初お見合いはオンラインでしたね。彼の自然体すぎるところに彼女は若干引き気味で、「お見合い後に悪いところはないんですがお見合いなのに言葉遣いも含めて自然体すぎて、どうしようか悩んでいます」とのことでしたので、もう一度お会いして判断したら?印象が変わるかもしれないし?とお伝えしました。初デートで10時間一緒にいたと報告がありました。疲れないんですが、お互い早々に地が出ていてこんなんでいいんでしょうか?と言ってスタートした交際。真剣交際に入り双方の自宅訪問の際にまず彼が彼女を自宅に招き手料理を振舞ったというのは伝説となっています。後日談として、彼が普通女性が先に呼ばない?って言われたことも記載しておきます。

3. この人だと思ったのはいつでしたか?(ビビッときたのはいつですか?)

 正直なことを言うと、ビビッとはきていません…笑 皆さんそれぞれと思いますが、私はお見合い時にビビッときたように感じた人とは不思議なもので、交際に繋がっても結局ご縁がありませんでした。彼とはお見合いの後ほぼ毎週末会っていましたが、回数を重ねる毎に彼の良い面が徐々に見えてきて、言葉ではなくきちんと行動で示してくれたことが大きかったと思います。(洋子さんもよく行動が全てとおっしゃっていましたね)

→ここは赤線を引かせていただきました!男性はお会いして早々にこの人と決めるものですが、女性は徐々にお相手の良いところを探して気持ちが上がっていきます。お見合い時に好印象の人はコミ力が高いか女性の扱いに慣れているだけということも多く、印象だけでお断りをするのは本当にもったいないと常々思っています。また男性は言葉より行動です!毎週時間を作ってくれるのも大事なポイントです。「幸せなら態度で示そうよ♪」という歌を思い出しました。

 

4. プロポーズの場所と言葉は?

私の家でバラの花束と一緒に、結婚してください。と、とても王道でした。(サプライズではなく12月25日にすると前から宣言されていました。笑)

→今までなら素敵なレストランでプロポーズが主流でしたが、コロナ禍ではおうちプロポーズも急増中です。宣言するっていうのもねぇ・・・と思いましたが、彼はきっと彼女を安心させたかったのでしょうね。

 

5. 今までのお見合い相手と結婚を決めた相手の違いは何ですか?

 私はこれまでプライベートでも、「これを言っても険悪になるなぁ」「自分が我慢したらいいや」と捉えた場合は、必要以上に空気を読んだり、察することで穏便に場を済ませてしまうことが多く、あまり自分を出さずに過ごす習慣がついていました。(ただ強靭ではないのですぐ疲れも溜まり、人と長時間一緒にいることが苦手でした。)

ただ、彼とは初期の頃から自分の行きたいこと・やりたいことを話せることができ、長時間一緒にいても苦痛ではなかったのが大きな違いでした。

結婚が決まった後、親への挨拶、顔合わせ、住居探し等、二人で相談すること・決めていくことが沢山あります。その中で彼だと都度きちんとお互いの意見や気持ちを言え、ひとつひとつ納得して進めていけるので彼で本当によかったな、と思います。

→ カウンセリング中に「ずっと一緒にいると疲れる」という言葉がとても気になっていました。結婚していくカップルが必ずいうのは「一緒にいて疲れない」なのよ。それは無理してるんだと思う・・・。関西出身の2人は早々に関西弁でボケとツッコミができたとのこと。「こんなに自分を出していいんでしょうか?」「自分がこんなに言いたいことを今まで言えなかったことがよくわかりました。」「彼のお母様もはっきりものを言う方だと言うのも相性ですね」本当にその通りだと思いました。

  

6. ツラかった時はどんな時でしたか?

 交際をしている人とあまり結婚した後の生活が考えられない時。洋子さんにどういう暮らしがしたいの?イメージしてる?と聞かれた時、全くその方との生活がイメージできず、家事・仕事・子育てをひとりで抱えてパンクしている姿しか想像できませんでした。笑その方との交際は終えた後、理想の夫婦像・結婚後の生活を改めて考え直し、この条件は必然、これは思ってたよりも重要でない等、自分と向き合った後に今の彼と出会いました。

→マリテラ名物「婚活で大事なのは自分の大事なものを探す作業」「どんな人がいいじゃなくてあなたは将来どうしたいの?」この問いにみなさん一番悩みます。婚活は究極の自分との対峙。だからこそ結婚相談所なのにマインドフルネスをしてニュートラルな気分で自分自身に問いかけてもらうきっかけを作っています。彼と出会う前に出会った男性たちは、大変ご多忙でお休みの少ない帰宅の遅そうな年収高めの方ばかり。彼女は交際中に「彼は手伝うって言うけど、毎日夜中に帰宅して私も仕事をして、実際は私だけに負担がきますよね。子供ができたらますますイライラしてしまってこれは私が考える結婚生活ではないです。家族で色々なことを経験し、仲良く過ごしたいんです」彼女は長く辛い婚活の末に本当に結婚に大事なものを見つけました。

 

7. 現在活動中の会員さんにアドバイスをお願いします。

 まずは洋子さん、サナさんのアドバイスを素直に聞き実践する姿勢が大切だと思います。もしその時は「どうして?」と思ったことも、実践すると、そういうことだったのね、と後で気付きます。心強いプロが側にいてサポートをもらえるのは本当に幸せなことです。ぜひ先ずは小さなことからやってみてください。(マリ寺のようなきめ細やかなサポートを受けることができる相談所はなかなかないです!)

→サナさんも私も10年近いキャリアの中で婚活のツボはよくわかっていますので、結婚相談所での活動を長引かせたくないなら、素直に聞いて実践していただけると大変ありがたいです(カウンセラー2人の願い)。「誰に対しても誠実に丁寧に」がモットーのマリテラでは会員さんに対しても皆さんの活動に対してもここは一番大事にしているところなので、そう言っていただけて素直に嬉しいです。

 

8. 結婚相談所への入会を迷っている方へのアドバイスをお願いします。

 特にこれまで恋愛で傷ついた方、疲れてしまった方、どうして頑張っているのに恋愛がうまくいかないのだろう?と悩んでいる方はまず、洋子さんとのカウンセリングだけでも一歩踏み出す勇気を持って欲しいです。
よくセールスであるような、「今日この場で入会してくれたら、割引が…」という口説きもありません。(笑)
会員の方が納得して入会し、婚活を頑張ってほしい、という洋子さんの思いと伺ってますが、
随所に現れる洋子さんの人柄・マリッジテラスのあたたかさのひとつだと感じます。
もちろん、婚活でスムーズにいかないこともあります。でも、その時に仲人さんにサポートをもらえるのは、
婚活を乗り切る何よりの拠り所になります。
私はちょうどコロナ騒動直前に入会し、徐々に直接のお見合いが難しい状況になっていきました。
(実際に直接のお見合いは2回だけです)マリッジテラスはいち早くオンラインでのお見合いを取り入れ、
また会員同士でのオンラインでの交流会等、困難な状況にも臨機応変に動き、
常に会員に寄り添う取り組みをしてくれたのはとても安心できました。


→「今日契約してくれたら」とか「今月中に入会してくれたら」との禁断のフレーズを言いたい場面は多々ありますが、
これを言ったら婚活の神様(マリ寺には婚活の神様がいると本気で信じています)からのご利益=脅威的な成婚率は遠ざかると思っていますので、無料カウンセリングではその人に本当のこと、どう言う婚活をすれば良いのかを多面的にアドバイスしています。子供の頃に悪いことをすると親から「神様が見てるよ」と言うのと同じ感覚です。コロナ禍でどんどんと状況が悪化する中、まずは安心して活動ができるように整備することはもちろんですが、

 

9. 「愛する人と結婚できましたか?」

はい^^

 →彼女の温和な顔を見ていればよくわかります。愛は育てるもの!日々育ててくださいね。


10.
 高野洋子にひとことお願いします。

 初めてのカウンセリングに伺った時に、お母さんに包まれているようなどこか懐かしく温かい気持ちになった感覚を今でも覚えています。私の婚活を通り越してもっと先の未来を心から応援してくれて、全力で向き合ってくださったのが何より嬉しかったです。辛かった時には、自分にこんな穏やかな気持ちになる日が来ると思っていませんでした。うまくいかなかった経験のおかげで、今のしあわせに繋がっているのだと感じます。この地点に辿り着けたのは、洋子さんはじめマリ寺の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

これからはOBとして長いお付き合いさせていただけるとうれしいです。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

→ 婚活をしていると結婚できていない現状にばかり目がいって、焦ってしまいますが、皆さんのゴールはもっと先にあります。結婚はあくまでも通過点で、そこから長ーい新しい家族との生活が始まるのです。うまくいかなかった経験のおかげで、今のしあわせに繋がっているのだと感じます。」本当にその通りですね。
たくさんにしくじりも彼に出会うための準備期間だったと思います。これからも丁寧に愛を育ててください。
そして今後とも末永く!どうぞよろしくお願いいたします。

 毎月第3日曜日16時オープンのスナックマリテラ、おかげさまで好評でございます。
手料理たくさん無料。
ワンドリンク500円いただきます。
今月は女子会の予定で残席あと1枠。
卒業生&在校生優遇ですが、行ってみたーいという方は歓迎しますのでお問い合わせフォームからのエントリーお待ちしてますね。

おすすめ