【スタッフブログ】自分は生まれてきてよかったと思う気持ち。

最近よく聞く自己肯定感とはなんでしょう。

英語だとセルフエスティーム。
自分は生まれてきてよかったと思う気持ちではないでしょうか。

小さな赤ちゃん(0〜2歳くらい)を見て、その屈託のない笑顔どこからきたの!?の思ったことはありませんか?

子供の笑顔が人々の心に染み込んでくるのは、彼らの自己肯定感が高いからではないでしょうか。

大人になると、過去のトラウマや誰かから批判さえたこと、いじめられたこと、色々なことが複合的に混じり合って、子供の頃よりも自己肯定感が低くなってしまってうことが多いですよね。

なぜ大人になると自己肯定感が低くなってしまうのでしょう。
きっとそれは、日々競争と比較の中にいるからです。
現代社会はまさに毎日がサバイバル!!!

そんな中で、自分自身を愛し自己肯定感を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

今日から、
私なんて・・・
でもそれって・・・・
という口癖、考えを少しずつ減らしていきましょう。

”でも”と言いそうになったら、そうだね、それで(Yes,and・・・・)に置き換えてみたり、自分を追い詰めてしまうことを減らしていきましょう。
こんなに偉そうに書いている私も、たまに自己肯定感が低くなり、いつの間にか自分を追い詰める行動をしてしまいます。(予定を詰め込みまくったり、みんなに良い顔をしようとしたり・・・あああ自分って疲れる人だと反省したり・・・)
でも、そんな自分を知っているので、自己肯定感が低くなりそうな時は、自分でブレーキをかけられるようになってきま
自己肯定感を高めるのは、すぐにできることではありません。(それが出来ていたら、皆んなこんなに苦労しないですよね)
でも、”今、私は私自身を大切に出来ていないな”と俯瞰してみることは少し冷静になればできると思います。そんな考えを最初は一週間に一度、それが三日に一度、こんな感じで少しずつ持てるようになるといいですね。

最近は空ポジティブ(言葉が悪くてすみません笑)の人や本も多い気がしています。
私から偉そうに言わせて頂きますと、毎日ポジティブなんてそれはちょっとクレイジーな人だと思います(笑)

そうじゃなくて、ポジティブでもなくネガティブでもない心がいつもニュートラルな人が健康な人だと思います。

おすすめ