公式ブログ

【スタッフブログ】婚活すること自体に楽しみを覚えてしまう〇〇中毒

お久しぶりのスタッフブログになってしましました。
先日24時間マラソンを見ていて、そういえば、代表たかのは入会する方によく「一緒に婚活マラソンのゴールを目指して頑張りましょうね!」という言葉をかけるのを思い出しました。なぜ婚活をマラソンに例えるのかと言いますと、婚活ってそれくらい精神的にも肉体的にも大変なことなのです。
しかし昨今では、婚活すること自体に楽しみを覚えてしまう「婚活中毒者」が増加中だそうです(汗)
症状としては、異性と出会って食事をしたり、デートをしたりして仲良くなれるプロセスにはまってしまっている状態の事を指すそうです。こうなってしまう背景には、自然な出会いの減少、周囲に独身の友人が減り遊ぶ相手がいなくなった事などがあると思います。
この症状の一番の難点は、せっかく素敵な人に出会えても結婚に踏み切れなくなってしまうんだそう…。
なぜなら、結婚をしたら婚活(異性と出会えなくなってしまう)が出来なくなってしまうからです。

もちろん、婚活中はネガティブな気持ちでいるより、「自分にあった素敵な人はどんな人かな~」というポジティブ気持ちでいて欲しいのですが…。
このような症状になってしまっている方、ややなってしまいそうにある方への予防線は3つです。
1、婚活にある程度の期限を設けてみる
もちろんその方のペースがありますから、様子を見ながら進めていくべきですが、やはり人って期限がないと先延ばしにしてしまったり、迷いが出てしまうので、〇〇歳までに結婚できなかったら、一度結婚相談所にカウンセリングに行ってみる!くらいの期限はあっても良いかもしれません。

2、結婚相談所を利用して第三者にお尻を叩いてもらう
これは、結婚相談所にいるからこそのアドバイスかもしれませんが、婚活は楽しいけれど、でもやっぱり早く大好きな人と結婚したい!!と思うハングリーさはとても大切です。本来の目的を見失わないためにも、第三者の力を借りてみるのも手です。

3、本来の目的を思い出すために、自分の結婚に対する思いやイメージを具体的に紙に書いてみる
なぜ婚活を始めたのか?将来どんな人生をどんな人と歩みたいのか?
なかなか思い浮かばないという方は実は本当は結婚したくないかもしれませんし、逆にスラスラを思い浮かべられる方は現実逃避に走ってしまっていた可能性があります。どちらにせよ、早めにわかった方が動き出せますから書くことで自分の気持ちを整理することはとても大切です。

貴重な人生の時間を「婚活」に使うのですから、何か意味のあるものにしたいですよね!!

そんな私は、貴重な人生の時間を”海外ドラマ鑑賞”に使ったりしますが…トホホ
読者の皆さんお薦めがありましたらぜひ教えて下さい…w
写真は無関係ですが先日、料理上手な代表が作った りんごとゴルゴンゾーラチーズのピザです笑 また食べたいな~~~

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

 

関連記事

PAGE TOP