104組目のプロポーズは恵比寿のチャペルでした♡

皆さま、少々ご無沙汰でございます。

非常事態宣言が明け、今まで溜めていたエネルギーを放出する勢いがスゴい!
真剣交際中のカップルが5組、もうすぐ真剣交際カップルも3組・・・・

本日ご紹介する30代前半女性Iさんは活動期間半年。
インスタで有名な「kanaさん」がマリテラを紹介して下さった記事を見て
1月に無料カウンセリングを受け、2月から活動をスタートしました。
4回お見合いをして4回目の一つ年下のお見合い相手男性Iさんと交際3ヶ月でのご成婚です。

月曜日の午前中にIさんからお電話です。

「高野さん、昨日Iさんにプロポーズされました」
「嘘みたいで、信じられなくて、夢かと思いました」
「嬉しくて大泣きしちゃいました」

実は事前にプロポーズをいただけることは存じ上げていたのですが
ここはサプライズで!というわけで、彼女からの報告を待っていました。

「Iさん、会社は?」
「興奮し過ぎて気持ちが悪くなって・・・お休みします笑」

ここまでの経過だけ聞くと順風満帆でと思うかもしれませんが、
お見合い3回目で、「退会します」って泣きながら言いましたよね。
そこからの流れは・・・マリテラマジックともいうべき奇跡でした。

二人が出会ったのは4月中旬。
お相手Iさんはテニスが大好きな霞ヶ関勤務の国家公務員男性です。
非常事態宣言中、オンラインzoom でのお見合い。
緊張した二人を画面越しに繋いだことを思い出します。

そこからは近所の公園でテニスをしたり
お店がないので彼女がお弁当を作ったり
非常事態宣言下の中で、できることを楽しんでいました。

先ほど、お相手仲人さんとお話をした際に、
「Iさんが、彼だけを見て向き合って下さる姿を見て、彼も早々に気持ちを決めていました」とおっしゃっていました。

結婚相談所での活動では、複数交際が可能なので
自分の気持ちよりもお相手の自分の対する気持ちで判断する方が多いのですが
それでは真実の愛は掴めません。

先日素敵な成婚インタビューを書いてくれた98組目の卒業生Kさんもインタビューで言ってましたが(後日紹介予定です)
「相手じゃなくてあなたはどうしたいの?」
と私は常々皆さんに質問します。

自分の未来は自分で作りましょう!
Iさん、お目にかかって一緒に幸せを分かち合いましょうね。

出典:韓国ドラマブログ

Netflixで大人気の李荘院クラス。
アニメのワンピースのような仲間と友情と野望の物語と、
仲間の女性の主人公男性への一途な想いが最後には成就するという
私の大好きな世界観のおかげで、寝不足の日々でした。

時代は女性の一途な愛を応援しているようですね。



おすすめ