公式ブログ

ご成婚報告20代カップル~前編~

4月に成婚退会しました交際期間8か月の20代カップルの成婚インタビューをお届けします。

久しぶりの成婚インタビュー。(任意の提出ですので、毎回でなく時々です)
お二人は当相談室同士のカップルでもあります。
インタビューは初々しい男性Yさんにお願いしました。

1. 入会したきっかけ、理由は?

・職場に出逢いが少なかったため。
・友人から何人か女性を紹介してもらったが、気の合う方と出逢えず、
もっと広範囲に探す必要があると感じたため。
・自分は女性との接し方に自信がなく、仲人さんのような相談相手が必要と感じたため。

⇒ ボーダーのTシャツに歯並びのよい笑顔に初めてお目にかかって
「なんて爽やかな男性なんだろう・・・本当に女性との出会いがないのかしら?」
と疑いたくなるほどの好青年のYさん。
職場は男性が9割以上で、大学も理系。
将来設計を考えた時に、早く結婚して家庭を持ち仕事に打ち込みたいとのこと。
お若いのにしっかりした考えに感心しつつ、活動がスタートしました。

2. お相手のどこに惹かれましたか?

・あわてんぼうだったりマイペースだったりする私に、
優しく自然体で合わせてくれて、一緒にいて落ち着くところ。
・進んで微笑ましい楽しい話をしてくれるところ。
・漫画やゲーム等、趣味が合うところ。
・会社勤めをしながら創作活動をしていて、頑張り屋なところ。
・一人っ子で、中高一貫校出身で、何となく境遇や考え方が自分に似ているところ。
・親を大切にしているところ。

⇒ 男性Yさんと女性Aさんはご性格が両極端といってもいいカップルです。
Yさんは几帳面に丁寧に進めるタイプ。
Aさんは大らかで小さなことは気にしないタイプ。
でもお二人とも、心が優しく人の気持ちに寄り添える二人です。
また2人は明るく元気なアニメやゲームが好きな世代。
ご性格は異なれども、環境はかなり近いお二人でしたので
お相手を理解しやすかったのかもしれません。

3. この人だと思ったのはいつでしたか?(ビビッときたのはいつですか?)

・10回近くデートを重ねて、彼女が自分とのデートを楽しんでいると仲人さんから聞いたとき。
お互いに無理せず有意義な時間を過ごせていると感じた。

⇒ ちょうど「逃げるが恥だか役に立つ」というテレビドラマが大人気の時だったので
初々しい二人のことを「逃げ恥カップル」と呼んでいました。
お若いのに、あまりLINEが得意でない二人。
週に一度程度のLINEや、時々すぎるデートにハラハラした時期もありましたが
それぞれが自分のペースで交際していたことでだんだん本気のスイッチが入り
気がつけば毎週お会いするようになっていましたね。
彼は出張も多く、なかなか大変なお仕事ですが
念願の昇進試験にも無事に合格。
Aさんの力は大きかったことと思います。

4. プロポーズの場所と言葉は?

・青山のレストランで食事後、敷地内のチャペルにて。

・「○○さんとなら・・・・・省略・・・・結婚して下さい。」

⇒ 全文はお二人の心に残しておきましょう。
プロポーズ計画、本当に頑張っていました。
「えっ!そんな素敵なプロポーズしちゃうの!!!」というプロポーズ。
Aさんしあわせですね♪
女性なら、誰もが憧れちゃうと思います。

5. 今までのお見合い相手と結婚を決めた相手の違いは何ですか?

・どんな時も男性のペースに合わせて優しく見守っていてくれるところ。
・何事にも焦らず,慌てず,あきらめず対応していて懐の広さを感じるところ。

⇒ 婚活女性の皆様、ここがポイントです!
結婚相手に男性が求める女性像が分かりやすく書いてあります。
「私が」私が」という女性が多いのですが、
男性が結婚したいなと思う女性は、懐が広く、合わせてくれる方。
うーーん、Yさんいいこと言いますね。

噂のチャペルにて♡

後編に続く。

関連記事

PAGE TOP