公式ブログ

【保存版】婚活写真で大事なこと

日曜日、京王プラザホテルでお見合いの同席をしました。
お見合いの同席というのは・・・昔ながらの釣書交換で
仲人さん、ご紹介者さん、ご当人同士の5名のお見合いです。

混雑する京王プラザホテルのラウンジ前でばったりお目にかかったのは
当会員のIさん。
彼の驚いた顔(+o+)
それぞれ違うテーブルでお見合いでしたが、こちらもIさんが気になって仕方ない。
チラチラと拝見するには訳があります。
なぜなら・・・・このところ彼は女性が写真と全然違うと嘆き続けるからです。

プロフィールの写真と実際の女性を比べる私。
ここで彼が抱える問題が分かりました!
こちらのお見合いが終わり、彼のお見合いが終わるのを待って少し話し合いをしました。

「今日のお見合いはどうだった?」
「いやーーー。高野さんどう思います?」
「うん、全然違う。Iさんの言いたいことがやっとわかった!」
「そうですよね。全然違うんです」

婚活写真はより良く撮影するのがカメラマンの腕ですから
実際よりもお綺麗に撮れている、、、、三割増しのお写真なのは彼も想定内です。
身長、体重があらっ?ということも想定内。
これは男性も女性も同様です。

では、何がダメなんでしょうか。
雰囲気や空気  が全然違うんです。

彼にその話をしましたら
「やっと分かってくれましたね!」ととても嬉しそうでした。
「今までたくさんお見合いしましたが、写真と実物の雰囲気が同じだったのは
高野さんが紹介してくれた女性とあと一人だけでした」

すごく女性らしいと思ってお会いしたら、会社の同僚みたいに女性を感じないオバサンだったり。

爽やかなスポーツマンと思ってお会いしたら、疲れた雰囲気のオジサマだったとか。

つまり・・・・
多くの婚活写真は会員さんの雰囲気や空気まで画一化し、
皆さんをモテる型に収めてしまうのです。

こういうお見合いはお互いにとって不幸です。
だからマリッジテラスでは、会員さんの雰囲気や空気を消さないような婚活写真とプロフィール撮影を心がけております。

こんな心がけで嬉しいのは
「お写真より素敵な女性に初めて会った」とお見合いの時にお相手に言われること。
最近も、ある40代の女性会員Aさんが
お見合いの際にお話しが盛り上がらず、
交際を悩んでいたらお相手から交際希望のお返事を頂いて交際に。
後日男性から
「お写真よりずっと素敵だったので、緊張してしまった」そうです。

その人が持つ「気」を大事にします。
前述のIさん。お好みはバッチリ把握しましたから、
少々お時間下さいね。

綺麗な写真、カッコいい写真を撮影してもらったと喜んでいる婚活スタートの皆様。
もし、何度かお見合いをして、お話しもそこそこ盛り上がったのに
お相手からよいお返事が届かない時には・・・・・
その写真ではない写真を選択する勇気を持って下さいね。

週末の朝、窓を開けて掃除していたら、ベランダからコツコツと音が。
鳩さんが遊びに来てくれました。
今週末のお見合い、良いことがたくさんありそうと思っていたら
本当に交際絶好調の週末でした。
これからも身近な小さなしあわせに気がつき、
そんなしあわせを大事できる仲人さんでありたいと思いました。
(逆光のひどい写真でスミマセン汗)

関連記事

PAGE TOP