公式ブログ

お見合いで一番相手に伝えるべきこと(保存版)

このところ、お見合いで興味深い事例がありましたので
保存版としてお見合いの極意をまとめたいと思います。

慣れないホテルのラウンジで、初対面の人と1時間お話しをする。
それだけでも緊張しますよね。
さらに、頭に記憶させたプロフィールを元に、
お相手にいろいろ質問し、お見合いがスタートします。

ここで注目したいのは、女性がお断りする男性像・・・
刑事の尋問みたいだった。
面接みたいだった。
の声の多いこと。

では切り口を変えて考えてみます。
そもそも、お見合いで一番相手に伝えるべきことは何だと思いますか?

答えは 「あなたに興味を持っている」というシグナルです。
あなたに興味をもっているからこそ
あなたにいろいろな角度から質問します。

一番ダメなお見合いは
「ご趣味は映画鑑賞ですが、どんな映画が好きですか?」
「私は、ジブリ作品が好きです」
「そうですか。時々地上波でも放映しますよね」
THE END

「休みの日は何処に行きますか?」
「ショッピングしたり、友達とご飯を食べに行きます」
「僕も同じ感じです」
THE END

質問はするけれど、話しが繋がらない。
相手にも気持ちが伝わらない。
これでは面接になってしまいます。

何のために相手に質問するのでしょうか?
情報収集が目的?(時々本当にそういう人がいます)
いえいえ、
あなたに興味があることを伝えるための方法が質問です!

会話が弾むためには、質問と同時によく聞くことも大事です。
よく聞いて、上手な質問をする。
マリッジテラスでは、カウンセリング時に男性会員には実際のお見合いを想定して
シュミレーションしたり、会話のアドバイスもしています。

これを会得すると、実は仕事にも役立つようで、
特に男性からご好評いただいております。
コニュニケーションが苦手な男性は、ぜひ無料カウンセリングでご相談下さいね。

出典:Yahoo!

先日、女性会員Kさんと一緒にお相手選びをしていましたら
「私、高野さんの好みのタイプ分かりました笑」と逆に突っ込まれてしまいました。
私だって、Kさんの好みはもう完全コンプリートですよ!
お見合い用のスーツ姿だけで判断するって難しい時がありますね~

イベントはこちら!

関連記事

PAGE TOP